Event is FINISHED

松尾潔のプロデュース論 POPなものにマニアックに向き合う! トリセツがなくても楽しめる音楽を作る方法。

Description
J-POP界において異彩を放つヒットプロデューサー、松尾 潔。プロデュース、作詞なども手掛けたEXILEのヒット曲「Ti Amo」がレコード大賞を受賞するなど、その手腕から松尾潔詣でをするアーティストは数知れず。

初登場となるソニアカの講義では、EXILEやJUJUなどのヒット曲を題材に、ライター出身という希有な自身の経歴を元に、プロデューサーの定義から松尾流作詞術まで、 ヒットの極意を濃密に展開する90分! ミュージックビジネス志望者必見です!


<講師プロフィール:松尾 潔

松尾 潔(まつお・きよし)

音楽プロデューサー、作詞家、作曲家 / Never Too Much Productions代表

1968年1月4日生まれ。福岡市出身。

1980年代後半よりR&Bやヒップホップを主な取材対象としてライター活動を開始。ジェイムズ・ブラウン単独インタビューをはじめ、米英での豊富な現地取材をベースとした執筆活動、多数のラジオ・TV 出演を重ねる。

1990年代半ばから本格的に音楽制作に携わるようになり、プロデューサーとして平井堅を大ブレイクに導く。

1999年、テレビ東京『ASAYAN』の「男子ヴォーカリストオーディション」でCHEMISTRYを発掘、名付け親となり彼らの大ヒットした初期楽曲をプロデュース。

2002年、日韓共催FIFAワールドカップ公式テーマ曲『Let’s Get Together Now』をプロデュース。韓国で公式放送された初めての日本語詞曲となり歴史的な1位を獲得する。その後、東方神起の日本デビューに関わりK-POP市場の飛躍的拡大の原動力となった。

2008年にEXILE「Ti Amo」(作詞/作曲/プロデュース)で第50回日本レコード大賞、2011年にJUJU「この夜を止めてよ」(作詞/プロデュース)で第53回同賞優秀作品賞を受賞するなど、ヒット曲、受賞歴多数。プロデューサー、ソングライターとして提供した楽曲の累計セールス枚数は3000万枚を超す。

2014年、初めての音楽エッセイ集『松尾潔のメロウな日々』を上梓。

1015年6月には続編となる『松尾潔のメロウな季節』を発刊した。

NHK-FMの人気番組『松尾潔のメロウな夜』は放送6年目を迎える。

Event Timeline
Sat Oct 3, 2015
1:00 PM - 2:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都港区赤坂9-6-35
Tickets
チケット ¥5,292
Venue Address
東京都港区赤坂9-6-35 Japan
Organizer
SONIC ACADEMY
998 Followers