Event is FINISHED

ミネシンゴ×アサダワタル×江澤康太 「美容室がまちにできること」 『美容文藝誌 髪とアタシ第三刊』 刊行記念

Description

美容文藝誌 髪とアタシ創刊号に登場してもらった気鋭のサロンboy Uでトップスタイリストを務める江澤康太さんと、第三刊で登場した日常編集家のアサダワタルさんをお呼びして「美容室がまちにできること」をテーマにお話します。

boyは今までも美容室の枠にとらわれない活動を続けてきて、boy予備校、落語会、ギャラリー展示、お祭りまで、さまざまな地域との関わりをつくってきました。アサダワタルさんも地域に根ざした社会活動、アート表現など多岐にわたり、「住み開き」「コミュニティ難民のススメ」などの著者でもあります。美容室がまちに対してできること、まちに開いたときの可能性をめぐるトークイベント。

(プロフィール)

ミネシンゴ 「美容文藝誌 髪とアタシ」編集長

1984年生まれ逗子在住。 夫婦出版社 合同会社アタシ社 代表社員。 東京、神奈川で美容師4年、美容専門出版社 髪書房にて月刊Ocappa編集部に2年在籍したのち、 201110月にリクルート入社。 リクルート在籍中に「美容文藝誌 髪とアタシ」を創刊。 フリーペーパーKAMAKURA 副代表、kamakura FM82.8パーソナリティ。 クラフトECサイトiichiで編集長も務める。

アサダワタル(あさだ・わたる)

1979年大阪生まれ。文筆・音楽・プロデュース・講師業。自称" 日常編集家 日常に溢れている常識をズラし、コミュニティの風通しをよくする創作業に勤しむ。著書に『住み開き 家から始めるコミュニティ』(筑摩書房)、『コミュニティ難民のススメ 表現と仕事のハザマにあること』(木楽舎), 『アール・ブリュット アート 日本』(平凡社、編著)他。また、歌やドラムを軸に様々な演奏・コミュニティプロジェクトを手掛け、2013年にはドラムを担当するSjQ++HEADZ)がメディアアートの祭典「アルス・エレクトロニカ」にて準グランプリ受賞。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。

江澤康太 KOTAEZAWA

表参道【boyU】トップスタイリスト

美容師をしながら、他ジャンルのアーティストと展示やイベントを開催

サロンワークの他に、デモンストレーション、講習会など全国各地で活動中


【出演】

ミネシンゴ(「美容文藝誌 髪とアタシ」編集長)
アサダワタル(文筆・音楽・プロデュース・講師業)
江澤康太(表参道【boyU】トップスタイリスト)

【日時】
2015年8月8日(土)
19:00〜21:00 (18:30開場)


【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F


【入場料】
1500yen+500yen/1drink


Event Timeline
Sat Aug 8, 2015
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,547 Followers