Event is FINISHED

Toshiba ノート電池 技術とは何ですか?

Description

Toshiba ノート電池 技術とは何ですか?
バッテリーの駆動時間を推定することは、バッテリーの充電状態を監視し、それをユーザーに報告するシステムの不正確さによっていっそう複雑になります。 ノートブックによっては、特定の構成を持つ特定の製品モデルのメーカーテストに基づいてバッテリーの充電状態を推定するものもあります。 各バッテリーの充電状態はシステム内の履歴に基づいて推定されるため、このような方法は、異なる充電率を持つ別のバッテリーが挿入されたときに不正確となります。
Li-Ionバッテリーの監視と管理においてユーザーを支援するために、ノートブックでは、スマートToshiba pa5013u-1brs対応バッテリー 技術を用いて、正確な状態情報を即時に得られるようにしています。 スマートバッテリー技術はスマートバッテリーシステム (SBS) に基づいています。SBSは、再充電可能バッテリー技術の業界標準を推進するために、主要バッテリーメーカーによって1995年に定められました。 SBSを特徴付けるスマートバッテリーは、自身の状態を維持して報告するので、ユーザーは同じノートブックで異なるバッテリーを使用しても、異なるノートブックで同じバッテリーを使用しても、正確な情報を得ることができます。

300

スマートバッテリー較正とは何ですか?
短い充放電を繰り返すと、バッテリーの充電率と電力メーターの測定値との間の誤差が大きくなります。 バッテリーが使用可能容量を「再学習」して充電状態と電力メーターを同期化できるようにするために、バッテリーには定期的な較正が必要です。 較正処置では、バッテリー残量の正確な推定値をユーザーが得られるようにすることで、ノートブックの駆動時間を最大化します。 また、重要な動作である「ディスクに保存」を完了するだけの十分な電力が利用できない場合に、休止プロセスで発生することがあるデータ損失も、較正によって防ぐことができます。
スマートバッテリーは、ノートブックで再充電されるかスタンドアロンの充電器/調整器で再充電されるかにかかわらず、完全な放電-充電サイクルを経るたびにFCCを較正します。 ノートブックを使用した較正は、最大で4時間かかることもあるため、便利とはいえませんが、 スタンドアロンの充電器を使用した場合よりも適切な結果を得ることができます。

ノートブックを使用した較正結果のほうが適切なのは、実電力負荷を受けている間にバッテリーがFCCを再学習するためです。 スタンドアロンの充電器では、バッテリーは固定負荷で放電されます。 ノートブックで通常発生する負荷よりも固定負荷のほうが小さい場合、バッテリーの学習容量が実容量より高くなることがあります。 言い換えると、新たに較正されたToshiba Z830バッテリーは、バッテリーの較正に使用された負荷より大きい負荷を受けた場合、電力メーターの予測駆動時間に達しないことがあります。
最近のスマートバッテリーは正確なので、バッテリーが残容量約5%まで放電された時点での精密な較正が可能です。 そのためユーザーは、バッテリーアラームを残容量5%に設定し、スマートバッテリーが通常の使用時に容量を較正するようにできます。
ただし、5%容量アラームを受信しないうちは、バッテリーを定期的に放電させなければなりません。 この処置を行う必要があるかどうかは、個々の使用状況によって異なります。 一般的に、Li-Ionバッテリーは少なくとも3ヶ月に1回の較正が必要です。 めったに完全放電されないバッテリーは、1ヶ月に1回程度の較正が必要です。

ノートブックはどのようにバッテリーを充電しますか?
ノートブックは、バッテリーセルサプライヤーによる推奨やベストプラクティスに従い、バッテリーが100%完全に充電された時点で充電はされなくなります。 バッテリーが100%完全に充電されると、「充電終了ビット」がセットされ、バッテリーは充電されなくなります。 バッテリは残量ゲージが94%を下回るまで「充電終了ビット」をクリアしません。 バッテリー残量ゲージが94%を下回ると、「充電ビット」がセットされ、バッテリーはノートブックに接続されたACアダプターで充電を開始します。 94%~100%のレベルでACアダプターが外された場合は、「充電ビット」がセットされないため、ノートブックはバッテリーを充電しなくなります。

バッテリーの容量と寿命を最大化する
本書に示された情報をお読みになったうえで、以下の条件がバッテリーの駆動時間と寿命にマイナスの影響を与える点に留意してください。

バッテリー容量の損失につながる要因
Li-Ionバッテリーセルは、放電-充電サイクルのたびに、漸進的かつ不可逆的な容量損失を生じます。 このような経年劣化は、温度や放電負荷が高くなると急速に起こります。
電源が入っていないノートブックに Li-Ion TOSHIBA Qosmio X70 ノートPCバッテリーを取り付けたままにしておくと、バッテリーの自己放電率が高くなります。
長期保管中または使用していない間に、バッテリーの充電量は推奨低電圧レベル以下に低下します。

300

消耗した状態のバッテリーを長期間放置すると、FCCの低下が早まります。
バッテリーを高温環境で長時間高充電レベルのままにする (たとえば、ドッキングステーションに装着したノートブックコンピューターを高負荷で動作させる) と、容量の損失が早まります。
バッテリーを使用してハイエンドアプリケーションを実行すると、容量の損失が早まります。 たとえば、3Dゲームをプレイすると、ワープロアプリケーションを使用する場合よりもFCCが速く低下します。

Toshiba PA5160U-1BRS 対応バッテリー の推奨手入れ方法
バッテリーの使用と保管に関する推奨事項は、各モデルのユーザーガイドに記載されています。 バッテリーのその他の手入れ方法は以下のとおりです。
Li-Ionバッテリーは、30%~50%充電した状態で、20°C~25°C (68°F ~77°F) で保管してください。
バッテリーを分解したり、押し潰したり、とがった物で刺したり、 バッテリの外部接触部をショートさせたり、 バッテリーを火や水の中に投棄したりしないでください。
バッテリーを長時間高温にさらしたままにしないでください。 熱 (高温の車内など) に長時間さらすと、Li-Ionセルの劣化が早まります。
ノートブックを2週間以上保管する (電源を切り、AC電源に接続しない) 場合は、バッテリーを取り外してください。
ノートブックを2週間以上続けてAC電源に (電源アダプターまたはドッキングステーションを介して) 接続する場合は、ノートブックからバッテリーを取り外してください。
ノートブックでバッテリ電源を使用してハイエンドアプリケーションを実行する場合は、最高容量 (Ah) の定格を持つタイプのバッテリーを使用してください。
使用モデルに基づいてバッテリーを較正してください。 通常の方法で使用されるバッテリーは、少なくとも3ヶ月に1回の較正が必要です。 これに対し、まれにしか完全放電されないバッテリーは、1ヶ月に1回程度の較正が必要です。

バッテリーは子供の手の届かないところに保管してください。
コンピューターに付属しているバッテリ、HPから提供された交換用Samsungバッテリー、アクセサリとして購入した互換バッテリー以外は使用しないでください。

http://sayonara.rentafree.net/entry/624614

http://korouu.diarynote.jp/201507081155252454/

Event Timeline
Thu Jul 23, 2015
12:00 PM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
tokyo
Tickets
VIP
VIP
Venue Address
tokyo Japan
Organizer
deban
1 Follower