Event is FINISHED

地域をよりよくする仕組み~ローカルグッドとNPO~

(第8回オープンデータカフェin千葉)
Description
「オープンデータ・カフェin千葉」は、オープンデータに関する動向や活用可能性などを中心に、広く社会的な課題の解決に向け、さまざまな立場の参加者が語り合い、その解決に向けた意識の共有を深めていく公開型の勉強会・セミナーです。

主催の「オープン!ちば」のモットーは、勝手にシンクタンク!。オープンデータ界隈の実践活動だけでなく、自治体等への提言活動を視野に入れて活動しています。

今回のテーマは、地域をよりよくする仕組み~ローカルグッドとNPO~

千葉市では、市民と行政が手を携え、効率的に街の課題を解決していく仕組みとして「ちばレポ」がありますよね。

同じような視点で、
地域に住み・暮らす住民や企業、NPO法人などの民間主体が中心となって、顔の見える関係を大切にしながら、 サービス、 モノ、 カネ、 ヒト、 情報の循環をつくっていくことを目指し、地域をよくする活動「地域のGOOD=ステキないいコト」に多くの主体が参加するきっかけをつくっていくしくみとして、横浜では「ローカルグッド・ヨコハマ」(http://yokohama.localgood.jp/)というプラットフォームがNPOの手で運用されています。
このプラットフォーム、地域の方が感じる課題の共有や、行政のオープンデータをより分かりやすく見せる仕組み、地域活動資金をクラウドファンディングで集める仕組みなど、その機能も盛りだくさんです。

ローカルグッドの仕組みは、この5月に福岡、北九州でも民間の運営主体で動き出しており、千葉においても運営したいというグループも出てきています。

そして、横浜で運営を手掛けるNPO法人・横浜コミュニティデザイン・ラボ(http://yokohamalab.jp/)は、市との連携事業も多く行い、その事業規模はH25年度決算で約9,700万円!(http://fields.canpan.info/organization/detail/1207327360)となっています。

そこで、今回は、このNPO法人の代表理事の杉浦 裕樹さんを講師にお迎えし、ローカルグッド・ヨコハマの仕組みや運営内容、NPO法人の活動内容と行政とのコラボレーションなどのお話を伺い、参加者の皆さんと意見交換をします。

クラウドファンディングやオープンデータの活用などに興味のある方、千葉市でNPO活動をされてる方、自らのスキルを地域課題の解決に発揮したい方、地域の仲間を増やしたい方、ぜひご参加ください。


<日時>
  平成27年8月1日(土) 13:00~16:00(12:40開場)
  ※終了後は、有志で千葉市の花火大会に行くかも♪
<会場>
  SHI TSU RAIコワーキング
  千葉市美浜区高洲3-14-1 和紅ビル3F
  (http://shitsurai.tokyo/index.html)
<参加費>
  1,000円(高校生以下無料。フリーソフトドリンク付き。当日会場で徴収)
<定員>
  30人(先着順)
<主催・問い合せ先>
  オープン!ちば(千葉地域でオープンデータを推進する市民有志の団体)
   e-mail: openchiba@gmail.com
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-07-13 12:41:43
Sat Aug 1, 2015
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
SHI TSU RAIコワーキング
Tickets
一般(¥1,000当日会場で徴収。高校生以下無料)
Venue Address
千葉市美浜区高洲3-14-1 和紅ビル3F Japan
Directions
JR京葉線 稲毛海岸駅徒歩2分
Organizer
松島隆一(オープン!ちば)
91 Followers