Event is FINISHED

わたしたちの まち、ひと、しごと を考える集い

神山町の地方創生プロジェクト はじまりのフォーラム
Description

※神山町在住のひと、および町の出身者や地縁のある方は無料・お申込みも不要です。その他の方々のみ、このページからお申込みください。

→チラシ(PDF)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

神山町には、移住の動きがみられる一方、若い人材が流出している現実もあります。このままだと50 年後の人口は現在の1/5 に減少するという試算もあります。状況の好転にむけて、いま出来ることはなんでしょうか?


今年、全国の自治体が内閣府の要請をうけて、今後5年間にむけた地方創生の戦略策定を進めています。主たるテーマは「人口問題」と「仕事づくり」。神山町では、次代を担う子育て・働き盛り世代を軸に据えた体制で、この7月から活動を始めました。


そのはじまりの場として、財政破綻の危機を乗り越え、人口減少に歯止めをかけ、廃校の流れにあった公立高校の改革と維持を実現している先駆的な地域・海士町の話に耳を傾けてみようと思います。わたしたちの「まち・ひと・しごと」のこれからを考える3時間を、ともにつくりませんか。


神山在住の方はもちろん、現在町外にお住まいの方も。縁やゆかりはないけれど神山に関心をお持ちの方も、気軽にお越しください。小さな子どものいる家族が周囲に気づかいなく視聴できる「ライブ中継付きの和室」も用意します。*託児サービスではありません(協力:株式会社えんがわ)


定員:120名程度

1. 神山町のひと… 無料・申込不要

2. 町の出身者や、地縁のある方… 無料・申込不要

3. その他の方々(先着20名)… 1,500円、要申込


問い合わせ: 神山町役場 総務課 088-676-1111


プログラム内容:


18:00~19:45 ゲストのお話「地域の未来を変える高校の可能性」

       島前高校魅力化プロジェクト 豊田庄吾さん(島根県隠岐郡 海士町)


20:00~21:00 神山の地方創生にむけて

       豊田庄吾さん ×大南信也さん(NPOグリーンバレー理事長)

       後藤正和(神山町長)


       進行役:西村佳哲




豊田庄吾(とよた しょうご)さんプロフィール

1973年生まれ。41歳。福岡県出身。大手情報出版会社を経て、人材育成会社で大手企業・中央省庁・地方自治体職員向けの研修講師を務め、経済産業省の起業家教育促進事業では全国小中高校での授業や、起業家教育・キャリア教育の講師育成も担当。

2009年、日本海の離島・海士町に移住。「高校魅力化プロジェクト」に参画し、公立塾『隠岐國学習センター』の立ち上げに従事。現在同センター長。座右の銘は「意思のあるところ道あり」。

「高校魅力化プロジェクト」は過疎で廃校寸前にあった県立隠岐島前(どうぜん)高等学校を、全国および海外から志願者が集まる学校に改革してきた活動。2007年から始まり、現在は学級数も増加。地域の高校、および人口の維持と同時に、島の未来づくりにつながる教育を特色としている。

豊田さんは海士町の地方創生プロジェクト・メンバーでもあり、今年3月から戦略策定のための協働作業を日々重ねている。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-07-14 15:00:06
Sat Jul 25, 2015
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
神山町農村環境改善センター
Tickets
神山町の外にお住まいで、地縁や血縁のない方々(先着20名) ¥1,500

On sale until Jul 25, 2015, 9:00:00 AM

Venue Address
徳島県名西郡神山町神領中津132 Japan
Organizer
神山町の地方創生プロジェクト
16 Followers
Attendees
22 / 30