Event is FINISHED

林哲司×濱田高志 「ミシェル・ルグランの作曲術を語ろう」『ミシェル・ルグラン自伝 ビトゥイーン・イエスタデイ・アンド・トゥモロウ』(アルテスパブリッシング)刊行記念

Description
フランス映画音楽界の巨匠ミシェル・ルグランが名画・名盤のドラマと80年の人生を振り返った珠玉の回想録が、7月25日にアルテスパブリッシングより発売されます。

ミシェル・ルグランは『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』を筆頭に、60年以上数々の映画音楽を手がけてきました。同書はフランス映画界やハリウッドを舞台にした華麗で多彩な音楽人生を、赤裸々に、かつ格調高く綴った珠玉の回想録です。本国フランスでは2013年に発売されてベストセラーとなりました。

盟友のジャック・ドゥミとボリス・ヴィアン、作詞家のアラン&マリリン・バーグマン、エディ・マルネ、名監督のジャン=リュック・ゴダール、シドニー・ポラック、ノーマン・ジュイソン、あるいは俳優のスティーヴ・マックイーン、カトリーヌ・ドヌーヴ、さらにはマイルス・デイヴィス、ビル・エヴァンス、クインシー・ジョーンズ、レイ・チャールズといった大スターたちとの共作・共演・交友が、生々しいエピソードとともに活き活きと味わい深く語られています。

その監修者であるアンソロジスト・濱田高志氏が、上田正樹「悲しい色やね」や中森明菜「北ウィング」など数々のヒット曲で知られる作曲家・林哲司氏をゲストにお迎えして、ミシェル・ルグラン談義を繰り広げます。

林氏は知る人ぞ知る映画音楽の熱心なリスナーで、独自にミシェル・ルグランの楽曲を分析したこともあるとのこと。当日はミシェル・ルグランをふりだしに、彼と同時代に活躍したフランシス・レイやフランソワ・ドルーベらフランスの作曲家の仕事への目配りもあるかもしれません。

【出演】

林哲司(作曲家)
濱田高志(アンソロジスト)


【日時】
2015年8月9日(日)
15:00~17:00 (14:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink

Event Timeline
Sun Aug 9, 2015
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,540 Followers