Event is FINISHED

認知症とともによりよく生きる!(第7回オープンデータカフェin千葉)

Description
「オープンデータ・カフェin千葉」は、オープンデータに関する動向や活用可能性などを中心に、広く社会的な課題の解決に向け、さまざまな立場の参加者が語り合い、その解決に向けた意識の共有を深めていく公開型の勉強会・セミナーです。

主催の「オープン!ちば」のモットーは、勝手にシンクタンク!。オープンデータ界隈の実践活動だけでなく、自治体等への提言活動を視野に入れて活動しています。

今回のテーマは、認知症とともによりよく生きる!

3月の「認知症を身近に感じるために!」に続き、認知症をテーマとした勉強会を開催します。

”2025年問題”ってご存知ですか?
認知症800万人時代とも言われているそうです。
認知症って、まだまだ他人事みたいに感じること多いかと思いますが、実はそんなことなくて、すぐ身近な問題なんですね。

自分や家族、身近な人が認知症と診断されたら、どうすればよいでしょうか?そんな不安に対し、認知症を、生活を大きく変えるからこそ実現できる「新しい旅」の始まりと捉え、「本人」「家族」「みんな」の立場から生きるための工夫やヒントをまとめた本が、この5月に出版されました。
「旅のことば~認知症とともによりよく生きるためのヒント~」(丸善出版。ISBN978-4-621-08927-9)

今回は、この本の編著者の岡田 誠さん(国際大学GLOCOM客員研究員、認知症フレンドリージャパン・イニシアチブ理事)を講師にお迎えし、この本のご紹介とともに、これを素材に、認知症とともにより良く生きていくためのヒントを参加者で考え、共有します。

認知症と診断された方、そんな方が周囲にいらっしゃる方、認知症サポーターになったけどどう行動すればよいか分からない方、自らのスキルを地域課題の解決に発揮したい方、地域の仲間を増やしたい方、ぜひご参加ください。

<日時>
  平成27年7月26日(日)14:00~16:30(開場:13:30)
<会場>
  千葉市社会福祉協議会 中央区事務所「大会議室」
  (千葉市中央区中央4-5-1 きぼーる11階)
<参加費>
  1,000円(高校生以下無料。当日会場で徴収)
<定員>
  50人(先着順)
<主催・問い合せ先>
  オープン!ちば(千葉地域でオープンデータを推進する市民有志の団体)
   e-mail: openchiba@gmail.com
<後援>
  千葉市
Event Timeline
Sun Jul 26, 2015
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
千葉市社会福祉協議会 中央区事務所「大会議室」
Tickets
一般(¥1,000、高校生以下無料。当日会場で徴収)

On sale until Jul 24, 2015, 12:00:00 PM

Venue Address
千葉市中央区中央4-5-1 きぼーる11階 Japan
Directions
会場建物(きぼーる)へのアクセスは、http://www.qiball.info/access/ を。会場の大会議室へは、きぼーるアトリウムの専用エレベーター(黄色)で11階へ。
Organizer
松島隆一(オープン!ちば)
93 Followers