Event is FINISHED

メーカー・IT企業向け無料事例紹介セミナー : アジャイル型とウォーターフォール型の2つの視点からの「製造業の上流・下流工程強化のためのプロジェクトマネジメント」

Description

 円安も一つの要因として製造業において好調が続いています。しかし、先行きを見ると、IoTなどによる競争の複雑化や、異業種参入などの激化が進んでおり、絶え間ない改善・改革が求められています。そこで、製造業の問題と課題について、PMBOKをベースとしたウォーターフォール型のプロジェクトマネジメントとアジャイル型のプロジェクトマネジメントの2つの観点から考察します。

 製品仕様を固める企画工程、企画を具体化する製品化の工程、実際に製品を生み出す製造工程では、上流であるほどスコープが曖昧であり、下流であるほどスコープは固定的だが完全を求められます。優れた製品は優れたプロセスから産出されるのだとすると、それぞれの工程には異なるマネジメントが求められると考えられます。そこで、上流(企画)工程にはアジャイルを、下流(製造)工程には従来型プロジェクトマネジメントを用いて改善を行った事例についてお伝えいたします。


<対象者>
◆製造業で企画・設計・製造・改善に携わっている方


<プログラム>

■13:30~15:00 講演1 グローバルでのアジャイル導入支援を踏まえた国内製造業の課題

・Agile(アジャイル)と製造業

・海外の製造業へアジャイル導入を支援した経験

・日本の製造業へアジャイル導入を支援して気づいた差異

・国内外の支援から見えた日本の製造業の課題


[講師]江端 一将(エバタ カズマサ)

    株式会社Odd-e Agile Coach

Scrumを軸に、ソフトウェア開発、プロダクト開発、組織改善において、製造業を中心に幅広い業界をプロジェクトの大小を問わず支援している。同時に、海外で活躍する優秀なAgile Coachたちと議論や情報交換をしながら、日々プロダクト開発と組織構造を探求している。また、「認定スクラムマスター研修、認定スクラムプロダクトオーナー研修、認定スクラムデベロッパー研修」の開催や、スクラム関連の各種コミュニティ設立を通じて、アジャイルな方法論を学ぶ機会づくりに貢献している。アジアでコミュニティ活動の功績が認められ、Scrum Allianceより「Conference Diamond Award」を受賞。


■15:00~16:30 講演2 品質改善に向けたプロジェクトマネジメント(PMBOK®)の活用

・重大品質問題を発生させない、マネジメント面からの取り組みに着目

・PMBOK®を活用した、開発現場マネジメントの総点検・課題の抽出

・マネジメント行動ガイド・各部門の共通課題としてのリスクマネジメント強化


[講師]斎藤 芳明(サイトウ ヨシアキ)

    富士ゼロックス株式会社 コントローラ開発本部 コントローラ開発企画G グループ長

入社時よりネットワークプリンタ、デジタル複合機のコントローラソフトウェアの開発に従事。2004年よりSPI推進を担当。プロセス改善を軸としてソフトウェアの品質を改善し、手戻りを減らすための体制構築・施策立案・推進活動を部門横断で実施。現在、XDDPを組織に導入し展開する活動を推進中。

Event Timeline
Fri Jul 10, 2015
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Document Core 大阪 2F セミナールーム1
Tickets
受講料
Venue Address
大阪府大阪市中央区本町3-5-7 御堂筋本町ビル Japan
Organizer
株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所
9 Followers